取り組んでいるプロジェクトのご紹介(2018/05/22ver)

「最近なにしてるんですか?」
みたいなご質問を頂く機会が立て続けに3件あったので(笑)、最近取り組んでいることをざっと書き出してみました。

そもそもどんなことを実現したいのか?

総じて言えば、いま取り組んでいることは、一人一人が「自分の可能性を最大化する選択ができること」につながって欲しい、と思っています。
もともと根っこに持っている動機や欲求は「知りたい」という興味や好奇心です。もう少し詳しく言うと、「外の世界を知ること」と「自分自身を知ること」が相互作用するように深まっていくことに惹かれます。
昔は、もっと「仕事」として「役割を全うする」にもっと重きを置いていましたが、この1年くらいで「何が好きなのか」に素直になることにすっかり抵抗がなくなりました(笑)

いま取り組んでいること

Tonashiba(トナシバ) with ダイヤモンドメディア

「企業コミュニティ」を作るような取り組みです。先日、こちらの記事に詳しく取材して頂きました。
サービスとしては「社員同士のレンタル移籍(Trial)」、「企業をまたいだ合同研修(Training)」、「転職/採用の支援(Recruit)」の3種類があります。
定期的に研修/イベント/ミートアップなども開催していきます。

自然経営研究会 with ダイヤモンドメディア

自然経営(じねんけいえい)と名付けた、日本的な新しい組織のカタチを探求し、広げていくための一連の活動に携わっています。ティール組織、ホラクラシー、とかと文脈として非常に近しいです。
Facebookグループで500人くらい参加いただき、月イチの定例の研究会(毎月第三水曜の夜)には30-40人くらいに参加頂いています。

ちなみに、今はダイヤモンドメディアが母体となって運営していますが、今後はこれを公的な器(一般社団法人?)に移し替えて、この団体自体の運営を限りなく自然やティールのような世界観で運営していきたいと思っています。たぶん運営自体に関わってもらうのが一番この世界観を体感できます(笑)
ご興味がある方はぜひこちらのfacebookグループにご参加下さい。

自然コンサルティング with ダイヤモンドメディア

上記の「自然経営」へ向けて、組織が変容することを支援するコンサルティングです。今はダイヤモンドメディアの武井さんと山田の2名にて進めています。
数社のクライアントに対して個別の支援をさせて頂いています。今後は「6ヶ月間」「5社限定」でのグループ形式での濃密な対話もスタートさせていくなど、色んな形で具体的な経営への実践にまで落とし込んでいければと思っています。

ベンチャーのHR周りの支援

20〜50人くらいのベンチャーにおいて、HR周りに関して顧問/アドバイザー+αくらいで関わらせて頂いています。採用課題という具体的な内容か、もう少し上流の組織戦略の立案に携わるのが多いです。

このあたりは、さらに支援のスキームを発展させたいと企んでいます。
ベンチャーにおいて、「1人目のHR」を採用することは、難易度がとても高いです。市場にフィットする人材が極めて少なく、採用するタイミングも早すぎても遅すぎても上手くいきません。
仮に顧問派遣サービスなどでアドバイザーを探し出すことは出来ても、それだけでは実務が回りません。逆に採用実務だけをやる人材を採っても、人/組織に関して「考える」仕事が減らない限りは、経営陣の負担は実質ほとんど代わりません。

ここの「1人目のHRが欲しい企業」「顧問/アドバイスが出来る人」「実務を回せる人」を適切に組み合わせるスキームが作れるのでは?と考えています。

企業研修の企画や講師登壇

現状では、依頼されてプロジェクトに加わる、コンテンツのデリバリーを担当する、などで関わる機会を頂くことが多いです。
一方で、自分でコンテンツの卵も作ってきています。組織デザインフレームワークとか、Align Thinkingとか。
このあたりはもう少し積極的に展開したいところ…。

Maptioの展開支援

イギリスのスタートアップが作っているサービスです。twitterでなぜかfounderとつながり、日本での展開を支援することになりました。
自然経営やtealで言っている世界観に非常に親和性が高く、個人的にとても可能性を感じています。
日本で最初に使い始めたユーザー企業と一緒に、その会社の実践事例を紹介するセミナーを開催する予定です。


Also published on Medium.

関連記事

  1. スタートアップにおけるHRの進化

  2. テンセグリティを使った、有機的な組織の疑似体験。

  3. 「評価」の難しさ

  4. “Reaction” から “Cr…

  5. 「日本的なティール組織」について、書き終わってみて。

  6. テンセグリティで体感できる「生命的な組織」の特徴

  7. 上司は部下に失敗を話さなければならない。

PAGE TOP